スカイマークの法人契約「Sky-Style」を解説

  1. HOME
  2. スカイマークの法人契約「Sky-Style」を解説
  3. 情報コンテンツ 業務改善
  4. スカイマークの法人契約とは?法人専用オンライン予約システムでコストと手間の削減を

スカイマークの法人契約とは?法人専用オンライン予約システムでコストと手間の削減を

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スカイマークの法人契約とは?法人専用オンライン予約システムでコストと手間の削減を

この記事では、スカイマークの法人契約について、サービスの特徴や申し込み方法ついてと、法人専用オンライン予約システム「Sky-Style」について解説していきます。

業務効率化や出張費削減を目指す企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スカイマークの法人契約「Sky-Style」とは?

スカイマークの法人契約「Sky-Style」とは、スカイマークが提供する導入費・月額利用料無料の法人専用オンライン予約システムで、インターネット上で24時間いつでも航空券の手配・変更・キャンセルができ、Sky-Style専用運賃やクレジットカード精算などで出張費の削減や出張関連業務の効率化に役立つサービスです。

主な特徴を詳しく見ていきましょう。

 

Sky-Style限定運賃「SKYビジネス」で出張コストを削減

スカイマークの法人契約「Sky-Style」では、Sky-Style限定運賃「SKYビジネス」を利用できます。

SKYビジネス運賃は、出張当日でも購入でき、出発時刻前まででしたら予約変更やキャンセルも無料で行えます。 料金は普通運賃と比べて約10%ほどの割引と控えめの割引率ですが、特定の条件が必要な割引運賃を除いて出発当日に購入や変更ができる運賃の中で最安値となりますので、変更の可能性がない日程は「いま得」や「たす得」で、 時間が読めない日程は「SKYビジネス」で購入するなど、その他の割引運賃とうまく組み合わせて利用すれば出張費を大幅削減できるでしょう。

 

出張手配を効率化

スカイマークが提供する法人専用オンライン予約システム「Sky-Style」では、事前に利用情報をシステムへ登録することによって簡単に出張手配を行うことができます。各社員のIDでログインすると名前や連絡先などの情報が全て自動で入力され、代理手配の際も利用者をリストから選択するだけですので、出張手配業務を効率化できます。

 

出張管理・出張経費の見える化

Sky-Styleでは、出張管理用の機能として操作範囲の異なる利用権限を設けてあります。そのうちの「発券要求社員」として登録すると、発券(購入)時に管理者の承認を必要としますので、簡易的な出張申請システムとして利用できます。

また、利用履歴を一覧で表示する精算レポート機能もあり、CSVでのエクスポートにも対応しています。管理者はシステムで手配した全ての出張情報を把握できるため、出張経費の見える化が可能に。

 

クレジットカード精算に対応

スカイマークの法人契約では、レクジットカードでの精算に対応しています。クレジットカード会社に指定はなく、法人名義または個人名義でご使用中のクレジットカードブランド(VISA・MASTER・JCB・American Express・DINERS)をご利用いただけます。

 

スカイマーク法人契約の申込方法は?

スカイマークの法人契約サービスを利用する場合には、公式ウェブサイト内の専用フォームから申し込みを行います。申し込みの審査を経て問題なければ書類手続きを行い、ID・パスワードが発行され利用開始となります。申し込みから利用開始までは約3?4週間かかりますので、余裕を持って申し込みを行いましょう。

なお、契約には月間利用平均10席以上(年間120席以上)が必要となり、審査結果によっては利用できない場合もあります。

 

デメリットもある

Sky-Styleは、審査はありますが無料で利用でき出張費削減や業務効率化になるなどりメリットの多いサービスですが、一部デメリットもあります。ここでは、Sky-Styleのデメリットについて見ていきましょう。

 

利用できる路線が少ない

スカイマークは、JALやANAと比べると圧倒的に路線数が少なくなっています。JALやANAはどちらも国内線の直行便就航は100路線以上就航していますが、スカイマークは23路線しかありません。羽田-福岡や羽田-札幌など出張需要の多い路線は就航しているものの、関西圏は神戸しか就航しておらず全国を飛び回る出張者には、スカイマークだけで賄うことは難しいでしょう。

 

クレジットカード精算以外の選択肢がない

スカイマークの法人契約では、法人名義・個人名義どちらのクレジットカードでも利用できる所はメリットではありますが、クレジットカード精算以外の精算方法がない所はデメリットとなります。

個人名義のクレジットカードで立て替えて精算した場合、後日経費精算が必要になり業務の効率化には不十分です。

また、法人名義のクレジットカードを出張者に付与している場合では、業務効率化にはなりますが航空運賃は比較的高額になることが多く、出張が多い場合にはクレジットカードの利用限度額を圧迫してしまう場合も。

 

出張手配プラスの導入で一気に効率化

スカイマークの法人契約は、費用もかからず業務効率化や経費削減を目指す企業にとってはとても便利なサービスですが、就航していない地域への出張や他の航空会社との比較の面、クレジットカード以外の精算方法でも業務効率化をされたい企業には不十分なところも。出張の手配や管理、経費精算業務を効率化するなら、出張管理システムを導入する方法があります。

出張をするためには、出張申請をし承認を受け、立替払いで航空券を予約、出張から戻ったら精算という、煩雑な業務があります。出張管理システムの導入でこれらの業務を大幅に効率化できます。なかでもエルクトラベルの出張手配プラスは、出張経費削減や業務効率化につながると多くの企業に選ばれています。

 

各社を比較しながら簡単予約

出張手配プラスで国内航空券を検索すると、LCCを除く航空会社が一覧で表示されますので、各社を比較する場合でも時間をかけずに簡単に航空券を予約できるでしょう。空席状況や航空会社によっては1万円上も差が出ることはよくあるので、比較をすることでコスト削減に大きく貢献できます。

 

出張管理・経費精算の手間を大幅削減

出張者が交通機関やホテルを別々に予約して立替精算した場合には、仕訳業務や支払い業務がそれぞれ必要となることがあります。 その点出張手配プラスでは、新幹線や飛行機・ホテルなど簡単な操作で一元手配が可能で、手配と管理の業務負担を軽減できます。手配した出張費はまとめて会社に一括請求されすので、仕訳業務や支払い業務も簡単になるのが特徴です。

また、社員が立て替える必要がないので、立替精算にかかる経理担当者の負担を大幅に軽減でき、出張者も立替による金銭的負担がなくなります。

 

導入費・固定費が無料で最短3日で利用可能

出張手配プラスは、初期費用・月額使用料が無料で導入ができます。導入にかかる費用や固定費がかからないため、気軽に始められ出張が少ない企業でも利用しやすいと言えるでしょう。

また、出張手配プラスは申込から最短3営業日で使用可能となります。すぐに出張の予定がある場合でも対応が可能ですので、効率良く導入可能です。

 

まとめ

スカイマークの法人専用オンライン予約システム「Sky-Style」は、24時間いつでも航空券の手配や変更・キャンセルができ、Sky-Style限定運賃や管理機能で経費削減や業務効率化につながる人気のサービスで、スカイマークの就航する路線を利用する企業には非常におすすめです。 しかし、クレジットカード以外での精算の部分や他の航空会社との比較検討、全国に幅広く出張がある企業には向いていない面があります。

これらの課題は出張管理システムの導入によって解決でき、さらなる効率化が可能です。なかでもエルクトラベルの出張手配プラスは、無料で使えて各航空会社や鉄道・宿泊など幅広く手配でき、出張者、管理者、経理担当者の3者にメリットの大きいサービスでおすすめです。

 

関連記事:
JALオンラインとは?業務効率化につながる法人向け出張手配サービスを解説
ANA Bizとは?法人向け出張手配サービスで業務効率化を実現
スターフライヤーの法人契約サービスとは?専用運賃でコスト削減を

 

無料の出張管理システム「出張手配プラス」で、出張手配や経費精算の効率化を!

サービス導入提案書 表紙

出張手配プラス サービス概要資料

出張手配や出張費の可視化には、無料の出張手配管理システム「出張手配プラス」がオススメです。出張管理・予算管理など、毎月の手間やコストを大幅削減しながらリスク管理ができる仕組みを紹介します。

 

サービス紹介資料をダウンロードする

この記事を書いた人

エルクトラベルロゴ

エルクトラベル編集部

プロフィール :
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

contact

1分で完了!詳しいサービス資料を無料でご用意しております。

ご不明な点などございましたらお気軽にお問合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6261-2257

【受付時間】平日10:00 〜 19:00(土日・祝除く)

資料ダウンロード